かごしま子ども夢大学

2016体験リポート 第6講座

「人はお金のために働くの?」

2つのグループに分かれて徹底討論

 

 第6講座では、第2講座の講師で鹿児島市立八幡小学校教諭の兒玉拓世さんが再び登場。職場体験で感じたことを発表し合い、子どもたちの心がほぐれたところで「人はお金のために働くの?YES・NO討論会」に入りました。

 「人はお金のために働くのか」の問いにYESと思うか、NOと思うかで2グループに分かれ、早速討論スタート。YES派が「お金がないと生活できないから」と自己主張すると、NO派もすかさず、「仕事は社会貢献のため」「その仕事が好きだから働くんだと思う」と反論。互いに活発な意見が飛び交います。

 その後、兒玉さんは宇宙飛行士、力士、パン職人など、さまざまな分野で働く人々の働く理由を紹介しながら、「お金を得るため、人々を笑顔にするため、社会貢献のため、その職業を次の世代につなげるためなど、働く目的は人それぞれ。でも、どの目的が優れているということではなく、どの目的も尊いんですよ」と語り掛けました。

 その話に大きくうなずく子どもたち。働く理由や目的に優劣はないことを深く理解できた講座となりました。

「人はお金のために働くの? YES・NO討論会」の様子。左側に座ったYES派の方が若干多め

「人はお金のために働くの? YES・NO討論会」の様子。左側に座ったYES派の方が若干多め

 

 

兒玉さんの進行で討論会は最初からヒートアップ

兒玉さんの進行で討論会は最初からヒートアップ

人間は欲しい物を買いたいという欲望があるから、お金のために働くんだと思います

人間は欲しい物を買いたいという欲望があるから、お金のために働くんだと思います

いや、お金のためだけに働くとダメ人間になると思います

いや、お金のためだけに働くとダメ人間になると思います

 2018年度 協賛各社