かごしま子ども夢大学

2018体験リポート 第6講座

働く目的をみんなで大討論キラリと光る働きマンに!

職場体験の写真を見ながら、これまで出会った働きマンを振り返ります

 第6講座で子どもたちは、鹿児島市立八幡小学校教諭の兒玉拓世さんと共に「働きマンは何のために働いているのか?」を模索しました。

 職場体験の「ミニ報告会」では、これまで出会ったどの〝働きマン〟も、働く目的を持っていたことに気付きました。

 そこで、「人はお金のために働くの?」 をテーマに討論会を実施。YES派とNO派に分かれて、活発な意見が交わされました。

「人はお金のために働くの?」
の質問で、意見は真っ二つに!

 

 また、会場の大人の意見を聞きながら作る「働く目的ランキング」、ゲームなどを通して、子どもたちは自分なりに働く目的を考えました。
「人のため、自分のため、お金のため、社会のため。働く目的はどれも尊いし、人それぞれですが、目的を持って働く姿はキラリと光っていますよね」と兒玉さん。「この社会はチームワークで成り立っています。さらにこれからはAIの技術や海外の人とも向き合っていく、新しい社会になるので、他の人と協力し合えるコミュニケーション力を磨いて」とアドバイス。

 将来大人になって働くときに、どんな能力を身に付けていくことが必要なのか、についても見えた講座でした。

 

働く目的を、会場の大人たちにも聞き込み調査

 2018年度 協賛各社