かごしま子ども夢大学

2019体験リポート 第4講座

【職場体験にチャレンジ】プライムアシスタンス

困っている人を助ける会社「大変だけど、すてきな仕事だね」

会社説明や業務内容を受ける子どもたち。会社には、1日約3000件もの電話がくるのだそう

 今回、子どもたちが職場体験に出掛けたのは鹿児島中央駅前にある「プライムアシスタンス」。利用者から車のトラブルなどの連絡を受け、レッカー業者の手配などを行っています。

 仕事内容の説明を受けた後、まずはオペレーター体験。「電話対応で大切なことは、困っているお客さまに〝急いでレッカーを手配するので安心してください〟と伝え、安心してもらうこと。それからトラブルの内容を聞いていきます」と聞き、仕事の重要性を再認識する子どもたち。

 午後はレッカーの様子を見学。タイヤ交換や鍵開けなどの作業も体験しました。「どんな天気でも24時間、困った人がいれば駆けつけるって大変」。働きマンの仕事への姿勢を学ぶ、貴重な体験になりました。

テレビ会議で、東京センターとの模擬会議も体験
電話で話すのはとても緊張しました
午後は会社下の駐車場に移動。大きなレッカー車も出動しての作業に興味津々
「ねじが回せるかな」タイヤ交換を体験
暑い中での仕事は とっても大変ですね
お世話になった皆さんと一緒に記念撮影
 2019年度 協賛各社